教室の紹介

教室の沿革

1969年、金沢大学医学部第三内科学講座として開講しました。
初代教授である服部絢一は血液病学の泰斗で、今に続く(旧)第三内科の骨組みを作りました。

1974年頃より骨髄移植療法の開発に着手し、血液・免疫グループに加えて、呼吸器グループ(移植後の肺合併症)、感染症グループ(無菌室治療)、心身症グループ(無菌室に隔離された患者の心のケア)による骨髄移植チームを育成しました。

1975年に国立大学附属病院で初めての無菌治療室を導入し、1977年に第1例目の同種骨髄移植を実施。

1978年にはわが国で初めて、急性リンパ性白血病に対する同種骨髄移植に成功しました。

その後、1984年3月までの在任中に30例の同種骨髄移植を行っています。骨髄移植の健康保険適用に向けて厚生省に何度も足を運び、厚生大臣や日本医師会長とも直接会って陳情したことが、1982年の無菌室治療薬(バンコマイシン)や骨髄移植の保険適用に繋がりました。服部はこのような業績から1984年5月に紫綬褒章を受章し、現在でもわが国の「骨髄移植の父」と呼ばれています。

1984年7月に松田保が第二代教授に就任しました。
松田は血栓・止血グループを新設し、研究や診療の幅を大きく広げました。厚生省特定疾患血液凝固異常症調査研究班の班長として血液凝固学とくに播種性血管内凝固(DIC)の臨床と研究をリードし、日本におけるDICの臨床と研究のレベルを世界一に引き上げました。現在も日本中で使用されている厚生労働省DIC診断基準(1980年)は松田が中心になって作成したものです。また、分子マーカーを駆使したDIC病態解析は、現在のDIC病型分類に繋がっています。

そして1999年8月、中尾眞二が三代目の教授に就任しました。
中尾は、骨髄移植の伝統を継承し、同種末梢血幹細胞移植、臍帯血幹細胞を用いた骨髄緩和的臍帯血移植、HLA半合致移植などの新しい造血幹細胞移植療法にいち早く着手し、これらを発展させてきました。また、造血幹細胞移植による移植片対白血病効果の増強や、造血不全の病態に関する研究で世界をリードしています。

教室は現在、血液グループ(血液・移植グループ:骨髄移植・造血不全・化学療法、血栓止血グループ:血管診療・DIC・APS・凝固異常症)、呼吸器グループ(気管支喘息・肺がん・間質性肺炎)に分かれ、互いに診療体制を補完しつつ、基礎研究では各々独自のテーマで競っています。/p>

研究グループ

グループ

血液グループ
(血液・移植)
血液疾患一般(貧血・白血球減少・リンパ節腫脹など)、血液がん(白血病・リンパ腫など)、造血障害(再生不良性貧血など)、造血幹細胞移植の臨床・研究・教育に取り組んでいます。
血液グループ
(血栓止血)
血栓症一般(脳梗塞、深部静脈血栓症、肺塞栓など)、出血性疾患、播種性血管内凝固症候群(DIC)、抗リン脂質抗体症候群、凝固異常症、動脈硬化性疾患の臨床・研究・教育に取り組んでいます。
呼吸器グループ
呼吸器疾患一般(肺炎や慢性閉塞性肺疾患など)、喘息・咳、肺・縦隔腫瘍(肺癌など)、化学療法一般(外来化学療法など)、間質性肺炎の臨床・研究・教育に取り組んでいます。

新入医員からのメッセージ

 血液内科の魅力は、多彩な病態を引き起こしてくる血液疾患を対象にして診断・治療ができることだと思います。遺伝子変異や染色体異常など細胞レベルで起こるミクロの現象と臨床現場で観察されるマクロの病態がリンクしており、非常に興味深いことが多く、診療が楽しいです。また、全身を巡るという特徴をもつ造血器が引き起こす病気のため、全身の臓器について幅広く学ぶことができます。ベッドサイドで患者さんに臨み、日々研鑚を積んでゆきたいと思っています。
笠田 篤郎

 2016年より金沢大学呼吸器内科に入局させて頂きました網野喜彬です。
 学生の頃から進路としては内科系を考えており、その中で肺炎などの感染症、気管支喘息や咳嗽などのアレルギー疾患から、肺癌などの悪性腫瘍や重症患者の人工呼吸器管理まで幅広い領域をカバーするバランスのとれた内科であることに魅力を感じ、呼吸器内科を選びました。
 大学病院では気管支鏡検査やCTガイド下肺生検、胸腔ドレナージなどの手技の種類も豊富です。在籍医も多く、非常に丁寧に指導によりたくさんのフィードバックを得られ、また仕事以外でもBBQや飲み会が開かれるなどアットホームな雰囲気であり、日々モチベーションを高く維持しつつ楽しく仕事ができる環境です。
 もし内科系を考えている方がいらっしゃれば、ぜひ一度説明会や見学にお越しください。
網野 喜彬

 丁寧な診療と質の高い医療が提供できるように、日々努力します。
佐藤 慶二郎

 “これ、〇〇じゃないかなぁ”一枚の胸部単純写真を見ながら呼吸器内科の先生は鑑別疾患を挙げ、そのための検査を進めていく。学生時代はあまり呼吸器に興味がなかった自分が呼吸器内科を目指そうと思ったきっかけです。
 呼吸器内科は扱う病気は多岐に渡り、鑑別疾患が大変多く、難しい病気も多くあります。現病歴、身体診察、検査所見、画像所見、そして患者さんの印象、全ての情報をすりあわせて診療を行う呼吸器内科の先生に憧れて呼吸器内科医になることを決意しました。学ぶことは多くあり、忙しさに目が回ることもありますが、毎日程よく疲労感を感じ、充実した日々を送っています。次は自分の姿を見て呼吸器内科に興味を持ってくれる人が増えればいいなと思います。
村田 亜香里

 「血液内科」という科に初めて触れたのは、大学4年の系統講義の時でした。その時は「血液内科は難しいことをしているな」という認識で、むしろ苦手意識を持っていました。
 そして、大学5年生の実習の始まりが血液内科でした。病棟実習では、若くして命の危機に直面している人、生きるために必死に治療を頑張っている患者さんたちを目の当たりにし、はっと目が覚めるような衝撃を受けました。また、血液内科の先生方は、病棟を駆け回る中でもどこか生き生きとした表情を浮かべており、いつか自分もその一員に加わりたいという思いが日に日に強くなっていったのを覚えています。
 そして今、自分も血液内科医として忙しくも充実した日々を送る毎日です。第三内科は、とてもアットホームな環境であり、アカデミックかつ臨床も全力で取り組める環境であると思っています。
 これを読んで頂いたみなさんも、ぜひ明日の血液診療のために一緒に働きませんか。
辻 紀章

 研修医2年目の近川由衣です。大学入学時から漠然と内科になりたいと考えていましたが、進行した悪性腫瘍に対しぎりぎりまであきらめること無く闘うことができる点、一つの目標に向かって患者さんやご家族と長くともに歩んでいける点に惹かれ血液内科専門コースを志望しました。今年4月から初めての大学病院、初めての血液内科研修となり、内心不安でいっぱいでしたが、先生方やその他医療スタッフの方々の優しいご指導のおかげですっかり病棟に居着いております。至らないながらも日々診療にあたる中で、学生時代には味わうことができなかった血液内科の活きた魅力にどっぷりつかっています。全身の血液を他者のものに入れ替える同種移植のダイナミックな世界、特殊な合併症の管理、生着の喜び、全身のリンパ節が腫れ不安でいっぱいだった患者さんが化学療法後すっきりした体で笑顔で退院される姿。血液内科でなければ味わうことのできない世界に日々触れ、日々自分の世界が広がっていくことがとても楽しく、やりがいを感じています。反省することばかりの毎日ですが、今後ともご指導いただけますようお願い申し上げます。
近川 由衣

 本年度4月から血液内科で研修させて頂いている、松本直樹と申します。医師として1年目であり、まだまだ右も左も分かりませんが、日々第三内科の先生方に助けてもらいながら働かせていただいています。私は、1人の患者さんと深く向き合える点に魅力を感じ、また、身近な所で血液疾患にかかった存在もあり、血液を専攻することに決めました。迷ったり分からなかったりすることの連続で苦労する事もありますが、その中で患者さんから感謝されるとやりがいを感じる事の方が多いです。今後は経験と知識を積み重ねながら、医療者として貢献できるようになりたいと思います。未熟者ではありますが、これからの行く末を温かく見守って下されば幸いです。今後とも宜しくお願い申し上げます。
松本 直樹

スタッフ紹介

血液グループ

呼吸器グループ